結婚式、エンドロールを作るのがおすすめ

華やかな結婚式、一生の思い出になるその日は華やかにしたいものです。そんな結婚式、タイムテーブルによってさまざまな催しがあるもの、そんな一連の流れを最後にぎゅっとひとまとめ、そんなエンドロールについてご紹介いたします。

エンドロールとはどんなもの?

結婚式 エンドロール

エンドロールとは結婚式の最後に流すムービーとなっており、最後の演出としてより結婚式を素晴らしいものにできるものとなっています。
そんなエンドロールですが、大きく分けて二種類あり、それぞれ特徴があります。
そんなエンドロールの比較から先ず始めていきます。
このエンドロールですが、写真タイプと撮って出しタイプがあります。

・写真タイプ

写真タイプは事前に写真をいくつか提出してそれをムービー化するものとなっています。
この最大のメリットは安く済むということ、撮って出しタイプと比較して考えると10万円近くの節約になるので嬉しいところです。
またいまは簡単にムービーをつくれるようになっており、無料ソフトでも十分本格的な動画がつくれるようになっています。
そのためちょっとした技術があればスマホでも作れますので、写真タイプの場合自分で無料で用意することも可能です。
自分の好み、自分が好きな音楽を挿入した動画作成ができますので、好みに忠実に作ることが可能、業者に任せるとプランによって仕様はかわりますが、それを考えても自分の好みに近いものをつくれるのが魅力です。
また自分でつくれる場合は完全に好みにそうことが可能、いま動画投稿をしている人も多いので、こうした動画は自分で作成し、それを提出している人も多いです。
また完成品をあとでしっかりチェックも可能、事前に上映チェックができますので不備が無いかどうかを確認可能となっています。
自分ですべて確かめたい慎重派の方におすすめなのが写真タイプとなっています。

・撮って出しタイプ

撮って出しタイプは式の様子をリアルタイムで撮影、それを式場で編集してもらい、それを上映にまわしてもらうというものとなっています。
これの一番いいところは当日の挙式の様子、披露宴の様子をまとめてしっかり上映できるところにあります。
そのときのリアルな表情をおさめられるので、後々思い出として大事においておける、そんなメリットがあります。
結婚式の様子をしっかり編集されて、そのまま手元に残せるので、お子さんができたあとに見せるなどの楽しみも増えてきます。
夫婦で見返すのにもおすすめです。
またこれはどんな映像になるのかが新郎新婦にもわからないワクワク感があります。
エンドロールが流れた時、ゲストと一緒にその完成品を見ることになりますので、皆同じ気持でそのエンドロールを見ることができる、そんなメリットがあります。
そしてこれはプロの方にお任せするので、一切新郎新婦にかかる負担はないです。
また業者の撮影技術、編集技術はプロのもの、しっかり撮影されたそれは完成度の高いものとなります。
自作するよりも断然高いクオリティで仕上げてもらうことが可能なので、折角の結婚式、高クオリティの動画を残しておきたい!そんな方に特におすすめとなっています。
デメリットとしては、当日業者さんにかかりっきりになってもらうので、相応の値段と考えられますが、写真のエンドロールに比べると約10万円ほど割高になることです。
失敗してもリテイク不可なので、業者も慎重に選んでおきたいところです。


それぞれエンドロールには特徴があるので、好みの方を選ぶのをおすすめいたします。
慎重にエンドロールを確認してから流したい方は写真タイプ、その時の思い出をより鮮明に、完成度高く残しておきたい、そんな人には撮って出しタイプがおすすめとなっています。
どちらも素晴らしい思い出になります。

写真エンドロールで必要なものは?

結婚式 エンドロール

価格がお得、選択肢が豊富、事前チェック可能、写真の選び方次第でどんなムービーでも作成可能、そんな写真エンドロール、必要なものはなにか それが気になるところです。
まず費用は大体2~5万円程度、撮って出しより10万円ほど安い計算になります。
しかしこれも自分で作る場合は不要、写真を用意してそれで自分で編集するだけで問題ないです。
そしてこのエンドロール作成で必要なのはいわずもがな写真です。
もともとあった二人の思い出がつまった写真でも問題ありませんが、事前に写真の撮影だけ依頼しておくというのも手です。
写真屋さんは勿論、交渉次第では結婚式の前撮り写真を使用することもできますので、印象的な写真エンドロールを作りたい場合はそのための写真を撮影しておくのをおすすめいたします。
その場合自作での動画作成はできない場合もあるので、それはきちんと式場と相談しておくのをおすすめいたします。
しかし今は趣味でドレスをつくったり、写真を撮影したり、動画編集したりしている人もいるもの、新郎新婦さんがその趣味を持っている場合は趣味仲間に手伝ってもらいながら、その写真を撮影、そのまま編集をすることも可能となっています。

多趣味ないまの時代だからこそ写真エンドロールは業者依頼、個人作成の選択肢を自由に選ぶことができます。
自分で出来ない場合でも、業者で高クオリティのエンドロール作成をしてくれますので、安心して任せていただけるようになっています。
事前上映チェックもできるので、ミスもなく安心して上映までの行程をこなすことができます。写真エンドロールで最も必要なのは写真、この準備ができれば写真エンドロールは作成できます。
あとは自分たちの好みにあわせて作成を依頼、あるいは自作をするのをおすすめいたします。

贅沢な撮って出しの楽しみとは?

結婚式 エンドロール

結婚式の準備はなにかと新郎新婦のお二人は忙しいもの、大体は希望を伝えて業者や結婚式場に任せられるようになっていますが、個人的な挨拶や報告など、やることは山積みです。
そんな時にエンドロールの作成、勿論業者に依頼すれば早いのですが、業者に依頼するならもうワンランクアップしたエンドロールが欲しい!そんなときにおすすめなのが撮って出しエンドロールです。
このエンドロールは結婚式当日の様子をおさめた映像を編集、それを結婚式の最後に上映するものとなっています。
そのため新郎新婦もどんな映像を用意してもらえるかわからない、そしてプロの撮影技術と編集技術でクオリティの高い動画作成を依頼できるので、後日それを見返す楽しみもできるものになります。
その日一日編集、撮影スタッフに来てもらうのでその分割高にはなりますが、一生忘れられない思い出を鮮明に動画に残すことができるようになっています。
結婚式の様子をさまざまな角度から撮影してくれるので、ドラマのワンシーンのような映像に仕上げてくれるメリットもあります。
完全お任せすることができるので、一切新郎新婦様には負担もかかることはなく、結婚式に準備期間から集中できるというのもいい点です。
デメリットにあがっているコストですが、これに関しても外注業者によっては割安の金額で提供しているところもあります。
そんな業者を上手く利用することで、高クオリティの撮って出しエンドロール作成をしてもらえるので、もし撮って出しエンドロールを希望される場合はまず業者選びからおすすめいたします。
中には写真エンドロールにちょっとだけ上乗せした程度の金額で撮って出しエンドロール作成を行ってくれる業者もあります。